さらば2018!!

本年度も本日で終了です。

多くの方にお世話になった年でした。
皆様ありがとうございました。

来年もご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。
年明けは1月4日(金)より営業いたします。

本年度、多くの企画が出来ず仕舞いでしたので、来年はどんどん目白押しで行いますのでお得情報等をどうかお見逃しなく!!

以上・・という挨拶だけで終わっては当店らしくないので、
人のフリ見て云々の思ったことを。

現在、訳あってメルセデスベンツのCLAというクルマをお借りしています。
非常に頑丈な作りで守られている感はしっかりとあるお車です。

しかし、それ以外に良いところがひとつも見当たらない・・・
どころか、「何とかならんのか!」と思う機能のてんこ盛り。
しかも、それだけでなく誤操作を招く事だらけの事故誘発リスクの高い操作系。
いつから、この会社の車はこんなことになってしまったのだろうかと非常にがっかりしているのですが、
巷では本当によく見かけるこの会社のクルマたち。

カッコも変で恐竜の頭の骨にタイヤを付けた様なチキチキマシーンの様相。
ベンツファンの方へ。教えて下さい。
どこに魅力を感じてこのメーカーの高額車両を選ぶのでしょうか?

と、ベンツを非難したくてこの話題をここにアップしたのではないのですが、私なりに考えたんです。
実はベンツの黄金時代を私はよく知っていまして、社名がダイムラーベンツ時代はポリシーの塊だったんです。
それがメルセデスベンツという社名になってからは、松下電器からパナソニックになった以上に
ポリシーが消え失せたのは知っていましたが、ひどいものです。
ベンツが名ばかりになったのは、周りのメーカーの躍進に押された感がにじみ出ていて、
徹底的に煮詰めるよりもカタログの見栄えを優先してベンツがベンツである所以が消え失せたのは、
商品が如実に語ります。

実は、それって他人事では全然なくて、売れないと生活危機というリスクを眼の前にして果たして
職人芸を徹底的に追い求めることができるでしょうか?という事態も痛いほどわかります。

当店も職人気質でのコダワリで施術をしていますが、集客には苦労の連続です。
こだわり続けるか、コダワリを捨てて客層を変えて行くかは死活問題でもありますから。
しかし、それって、自分をコロすことになるし、仕事の意味が違うものに変わってしまう。

うちの業界では、「いち早く治す」ことに必死で、病院モドキが乱立しています。
でもね、そういうお店ってそもそもがポリシーが曖昧でコンセプトがないんです。
だから、学校で「治しかた」を教わって、何でも治せる気になっている。
結局、レベルは低いのに病院モドキはそのまんま。

うちはそんな企業や人達がそれでも売り上げが好調なのを見て、
なんか「コダワリ」に意味なんかないんじゃないのか?なんて思う時もある。

でもね、いきなりクルマに話は戻りますけど、
ちゃんとコダワって作ったクルマに触れると本当に嬉しくなるんです。
「このレベルは並大抵の努力では到達できない」ことが伝わって、商品の向こうに作った人達の顔が見えてくるんです。

そんな、整体屋がどこにあるんだ?って探してみると、自分はコダワリを捨てることが出来なくなるんです。
コダワらないなら、別の職種でもいい。
コダワれるジャンルが自分にはある!って胸を張っていると、「喰わねど高楊枝」の大事さを
後世に伝えなくてはって感じるのです。

わかる人には強烈にわかるから。

でも、利用客には気軽さも大事。
「気軽さもコダワリ」ですから。

だから2019年もがっつりコダワリます!!!
来年も宜しくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translation(Google)

PAGE TOP