新型コロナウイルス感染拡大・・・

新型コロナウイルスで経済大打撃・・。

中小零細企業にとってはまさに倒産の危機です。
いや、冗談じゃなくです。

そもそも、どんな企業であれ、ほとんどの会社はお金を借りて経営しています。
経費も結構かかります。
実際の景気は一部の業種を除いて深刻な不景気に歯止めが効きません。
それは、ウチに来られる顧客の皆様からも伺っていて悲鳴が聞こえてきます。
もちろん(?)ウチも悲鳴をあげっぱなしです(泣)!

そんな厳しい現代、
当然のごとく毎月待ったなしで返済日と支払日はやってきます。
パンデミックが起きようが戦争が起きようが、1日たりとも猶予はやらねえ的にです。
家賃だってカードの引き落としだってそう。
責めているのではないです。
貸す側も給料を社員に払っている以上、その社員にも支払いがありますんで当然です。

後払いはみんな借金です。
家賃は基本前払いですが、
その賃貸物件のオーナーは借金して購入しているパターンも多く遅延されると返済できなくなる。
結局はその後払いのつけは借主ってことになるので、実際には後払いですかね。

そんな日本経済って借金で動いています。

で、今回のような避難状態で街行く人が大幅減少したり、イベントなどが中止になったりすると経済的なダーメージは大。
1日1日をギリギリで乗り越えている企業なんてザラにいますから、そりゃあ、明日どうなるかの世界は他人事ではないワケです。
この超不景気、そう簡単に商売は繁盛なんてしませんから、予約のキャンセル=倒産なんですよね。

これは経済という仕組みが、もういっぱいいっぱいだから起きてしまうんです。
通貨を基軸にした成り立ちの社会はもう限界。
そうは思えないって人はー今潤ってますよね。

市場って、売れる仕事と売れない仕事の2分化状態でみんなでやっつけあっています。
売れていれば何であっても正義ですが、
実は売れてない仕事の方に、内容の満足できるものが少なくなかったりします。
売れる売れないの差ってマーケティングの差とも言えるでしょう。
マーケティングが良いということは、顧客のニーズに的確に応えられている証拠でもあります。
そして各々の差は正にこれです。
売れてる企業は努力しているから・・・確かにそれは言えるでしょう。
売れない企業は努力が足りない・・・確かにそれも言えるでしょう。

でも、なんか変。って感じませんか?
僕は、当社の代表になってから、ずっとこの法則に違和感を感じているんです。

その違和感って、コレって気づいてしまったんです。
努力のベクトルが「マーケティング」になってるんです。

例えば、究極の匠がつくった包丁があったとします。
その技術を身につける為に匠は人生のほとんどを費やしてきました。
その甲斐あって、究極の切れ味を実現したのですが、製造工程のコストが掛り高額にならざるを得ません。
それでは、商売にならないと計算高い企業戦士は、コストを下げる代わりに商品レベルは「結構イイ」レベルにして大量生産しコストを匠の物の半分以下に抑えて販売します。
程々使って、ダメになったら新しいのをどうぞのスタイルです。
そこに不景気が皆の財布の紐を固く閉ざさせると、コスパ重視がやってきます。

「匠の物がイイのはわかるけど」って事になる。

「とりあえず不自由なく使えるしこれで十分」

その通りです。
大量生産をするということは、それだけの雇用も生み出します。
良いことづくめです。
さらに、売り方は販売員をつけるより、
大型量販店に陳列させるだけの方がさらにコストを下げられて利益につながります。
みんなハッピー。めでたしめでたし。

っていうのが今までの構図。
確かに、経済とはそういうもんです。
如何に損を感じさせずに使い捨てにさせるか。
この構図になるのは、通貨という物質で物の価値基準をつくっているからなんです。
我々の生活基盤が通貨なんですから、技術云々より「お金をどうやって儲けるか」しかない。
だって、お金ないとご飯も食べられませんから。
税金だっていっぱい取られるし。
この経済社会で匠なんかイラネーって人続出です。

それでも、良いもの求める人達が匠を支えるのですが、如何せん良いものって長持ちするんです。
そうなると、買い換え客はあまり見込めないので匠には財源がありません。
融資が必要になってきます。

さて、今回のように得体の知れない名前だけついている伝染病が流行るとどうでしょう。
いろんな分野で機能を休止させます。当然、企業としての機能はストップです。
この伝染拡大、ちょっとやそっとで収まらなかったらどうなるのでしょうか?

でも借金は待ったなしですから。

そしてここで、先ほどの匠の話。
経済が回らなくなると、「使い捨て構造」は機能しなくなります。
切れ味が良く耐久性も良い、そして修理もきく。大切に使えばずっと使える。
そんな、包丁を手にしていた人達が一番得をしますし、ゴミも出しません。
エコロジーでもあるんです。

匠ありがとう!!

良かった良かった!ってゆうワケには行きません。
匠の生活を支える、新規の購入者となる筈の人達が収入減の憂き目にあっています。
素晴らしい包丁には手が届きません。

すると匠は、待ったなしの借金に根を上げざるを得なくなるのです・・。

ビバJapan!素晴らしき、なんちゃらミクス!
これぞ、日本!

現在、地方創生が取り沙汰されています。
若い人の地方から都会への流出が止まりません。
どこの、地方も必死に食い止めようとしています。
その為に必死に対策を考え、補助金も出し、新たなるイベントや名所を作り、限りある財源の中で知恵を絞り出しています。
でもね、根本が限界にきている経済社会。
なぜ、少子高齢化になるのか土台を考えずに「経済」という土俵にとらわれているから流出が止まらないってことを考える必要があると思うのです。

その根本を変えたいって、ワタクシは考えまくっています。
その一つ目の答えが3月のキャンペーンでやります!!

それは明日のブログで!

『つづく』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translation(Google)

PAGE TOP