3月のキャンペーンはこれだ!!(昨日のつづき)

はじめに、
いつもお読みいただきましてありがとうございます。
ご注意がございます。
1・めっちゃ長いです!
2・Facebookで見ていただいている方へですが、このブログは投稿すると自動で FaceBookに投稿されます。
前回と今回のような長いのは当店のホームページにてお読みいただけると読みやすくなり最後までお読みいただけます。
投稿末尾あたりから飛べますので、ご興味あれば是非。

さて、昨日は経済社会の限界という話でまくしたてました。
我々、日本人に限らず先進国に生きている人間は、古いものを大事に使い続ける習慣が薄らいでいます。
そもそも、売っている物自体が長持ちしない物ばかりですので、気に入った使い心地の物でも短命が多いです。

少し、話はズレますが自動車業界がモーターショーなどでつくるコンセプトカー。
あれ、僕個人的には大嫌いでして。意味もわかんないす。
メーカーとして作れもしないものを発表して、何の意味があるのでしょうか。
一消費者としてはイラン労力にしか見えないですねえ。
たまにある、発売するための「今現在こんな開発具合」的な物はわかるとして、発表後影も形も無くなるのがほとんど。
「僕らの夢はこんな車です」っていう奴。
じゃあ、あなたのところで販売する車ってコンセプトカーと全然違うのはその「夢」とやらではない物、
自分達の「本当に作りたい物ではない」物を売ってるってことでしょうか?って思ってしまう。
何とかっていうデザインコンセプト云々で今後こうします的な物って製品になると似ても似つかない。
だから、車売れないんじゃないの?って思うのです。

で、何故今そのような話か。
次から次へと新製品を考える。まあ、文明の発展にはいいことですが、いつも思うことが「必要?」って疑問視です。
職人って、自分の使い慣れた道具を大事に使い続けます。
だって、手に馴染んだものって思い通りの仕事ができますから。
使い捨てにせざる負えない道具も、使い慣れた同じ製品をずっと使い続けます。
だから、そういう物って完成されていますのでモデルチェンジしちゃいけないんです。

でも、車業界って変なのが、車はある種道具としての機能も持ち合わせています。
なのに、しょっちゅうモデルチェンジする。
何ですかね。これ。ブラッシュアップだけじゃいかんのでしょうか?
確かに、「未来の車」はまだ完成していないのかもしれないですが、
手に馴染むくらい使い込んでくると他の車全部使いにくくなるんです。
で。もちろん、機械ですので20年くらい乗り続けると、あっちこっち壊れます。
直そうとすると部品がない。
デザインだってそうです、何で2年くらいで変えちゃうんでしょう。
それ気にいって買いに行ったらもう作っていませんってありますよね。
買ってもすぐに旧型です。

マンネリは経済効果が落ちる。
「努力してないだろ」って見えるという理屈はわかります。
わかりますが、見た目ほとんど変わらず中身どんどん良くしています!
っていう熟成品に対して「努力しとらんだろ!」って思う人いないと思いますが・・

まあ、今はそんな時代です。
使い捨て。
いいんです、ストレスになっていたものが、最新技術でストレスフリーになる。
そういうのって大賛成ですが、完成している物でさえも無理やり変えるって自らの情熱で作った物を
ポイポイ捨て去れるのって、やっぱり通貨社会がそうさせるのかな〜って考えちゃいます。

要はずっと買って欲しいから→お金はどんどん消えるから常に収入ないと困っちゃう。

ってことですよね。
人間は生きて行くのに「食」は必須です。
お金で「食」を買って食べれば「お金」も「食」も無くなっちゃう。
そりゃあ、ずっとお金入ってこなきゃ困ります。っていうか生きていけない。

お気づきでしょうか?

この時点で、もう通貨というシステムに無理が生じています。
だから、働いてお金稼ぎ続けなきゃ。もっともっともっともっともっと・・ってなる。
企業の規模が大きくなるほど「もっと」は大きくなる。

景気が良ければそれでも良いでしょう。
でも、景気が悪くなると「使い捨てのつけ」は生活に直結するダメージとなって返ってきます。
お金無くなっても必要な物への出費は減らない。
どうすりゃいいのよ〜!!ってなるが今です。

そこで、

やっと本題!!

通貨経済止めましょプロジェクト」開始いたします!
規模は現在、ワタクシ1人のみ!

賛同者募ります!
今は単なる賛同者ですが・・・

目標は
「物々交換経済」です!

例えば、
うちの施術は全員が何回でも無料だとします。
その対価に何かよこせ!ではなく、僕らが必要とする物を持っているお店がその対価として無料で提供してもらう。
そして、その提供してくれたお店が必要とする物を別の店が対価として提供する。
つまり、対価となる物は本人同士が交換する必要はなく、各々、できる事で他の人の対価を払って行く。そんな感じです。
そうすると、お金いらないし、必要な物を必要な分だけお互いの労力で補える。
変な首の締め合いは必要ないんです。

とはいえ、日本の資源は輸入にガッツリ頼っていますので、「通貨」による契約が発生します。
なので、全ての貨幣精度を廃止するわけにはいかないのですがあくまで「可能な限り」で計画するしかないですけど。

このプロジェクトの必須条件として
①全員、働くこと。職種なんて何でもいいんです。とにかく、ひとりひとりできる事をしっかりとこなす。どんな事でも需要はあります。需要がしっかり埋まるようにする必要があります。家族に1人必ず働く。でないとこのプロジェクトが機能しません。
みんなで力を合わせて初めて動き出します。
②自給率を可能な限り上げる。これは必須です。輸入に頼れば頼る程お金が必要になります。
③自給エネルギーの確立。これができれば通貨ゼロも夢物語ではなくなります!

細かい内容はいくらでも考えようがあるので、今は「お金が絶対条件」の構図を少しでも緩める。
そんなスタートを考えております。
っという大前提が目標で、その第一歩が3月のキャンペーンです!

今月の『物々交換キャンペーン』は
『何回も受けたい人用キャンペーン』です!

治療目的や過酷な労働条件の方にオススメです!
1ヶ月に2回だけ通常料金いただきます。
それ以外、何回受けていただいても無料です。
対価として営業活動をお願いします。
と言っても難しい事ではありません。ご紹介しまくっていただくだけです。
施術1回につき1人・・なんて過酷な条件は言いません。
とにかく可能な限りで結構です!

そして、こんなキャンペーンを打ち出すからには
アレンジももちろん可能です。
例えば、自分はこんな事ができるから提供してやる。その代わり施術代を無料にしろ!!
ってのもアリです。
また、自分も店舗やっているから0円でどっかの誰かの子供2〜3人無料にしてやるから
施術代を無料にしろ!
ってのもアリです。
(一応、ウチもまだ通貨経営ですので、1ヶ月2回目までは料金かかります)

さあ、あなたはどんな物々交換持ち込んできますか?
キャンペーンご希望の方、先着一応5人まで承ります。

あ、地方創生は近いうちブログあげます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translation(Google)

PAGE TOP