代表からのご挨拶

当店のホームページをご覧になっていただきましてありがとうございます。

当店代表の阿字野祐史と申します。

20数年前に民間医療に入り、カウンセラーとして薬害患者の治療に携わっていました。
その当時は患者への「治るための生活と条件」のアドバイスが中心でしたが、常に年間約200家族の方達の症例と生活相談に寄り添ってきました。約200家族という表現は、患者本人だけのカウンセリングだけでなく、その家族の人たちの相談も受けていましたので、その内容は多岐に渡ります。そんな状況でしたので延べ人数はカウントしてないので300なのか400なのかは不明です。

しかし、常日頃気になっていたことなのですが、患者のご両親の心身に及ぶ疲れや患者本人に対しての治癒への物理的要因に対して、言葉だけでは足りないと感じ、カウンセラーの傍らで医療気功師の修行を始めました。

その後、薬害治療の会社を辞め、遼寧中医大学日本校で気功師、中国整体師、中薬薬膳師の資格を取得し、気功の本場中国の病院での医療気功の学びをベースに気功院に勤めましたが、やはり、学校を出ただけでは実戦では役に立たずに独自で修行を積んできました。

現在は、医療気功に専用手技を加える独自の手法により、薬害や奇病など多くの症状に携わっていますが、その反面で今までの臨床経験から予防医学の重要性を訴えています。疲れを取る事の重要性やストレスの向き合い方等「人間」を中心にしたものの考え方でお話しさせてもらっています。

また、気功修行は真言宗のお寺でさせて貰った経緯もあり、人に寄り添ったアドバイスも可能ですのでココロの休憩場所としてもご利用いただける場所を提供したいと考えて、「病院」っぽさが主流の同業スタイルではなく、敢えてリラクゼーションを色濃くしています。

我々の仕事は、何かあった場合だけに目を向けるのではなく、「何か起きる前に」をもっとクローズアップさせるべきだと考えておりますので、息抜きがてらでのカラダのメンテナンスも大歓迎です。

Translation(Google)

PAGE TOP