疲れや病気の原因

人間の身体は、血行によって機能していると言っても過言ではないでしょう。

何故なら、当店に来られる方の多くの場合、血行を改善する事で解決している場合も少なく有りません。

では、何故、血行は悪化する事があるのでしょうか。

元来、血行とは心臓から送り出した血液は、筋肉のポンプ機能によって戻されます。
ふくらはぎが第2の心臓と呼ばれるのはこの為で、送り出された血液は心臓が吸い上げているワケでは無いのです。

筋肉を長時間動かさない状態にしてしまうと筋肉の稼動量が下がります。
筋肉のポンプ機能は動かしてナンボの機能です。
そして、筋肉を動かさないでの状態で何かの作業をすると、カラダは緊張します。
いわゆるストレスを感じている状態です。

緊張したカラダは血圧を上げた状態に陥ります。
血圧が上がっている状態というのは、水道にホースを繋いで水の出口を摘んだ状態をイメージしてもらうと解りやすいでしょう。この状態だと水の勢いは強くなりますが、出てくる水の量は少なくなるのが想像つくと思います。
血管でこの状態が起きているのがストレスを感じている状態です。

そして、ホースの出口を何時間も摘み続けると「指」疲れませんか?

筋肉を使い続けると疲れるのは誰もが経験していると思います。
筋トレで疲れない人はいないですから。

では何故、疲れるのでしょう。

FF(ファティーグファクーター)という疲労物質が発生する為…云々はややこしくしますので、もっと簡単に説明します。

筋肉が緊張するためにはエネルギーを使います、そして使い終わったエネルギー源は排出します。
エネルギーの供給源は動脈、排出の通り道は静脈ではありますが
緊張状態が続いていると代謝された大量の排出物の通り道である血管は、狭くなったままで流れは早いが量を処理できない状態にあります。その為、行き場を失った代謝物質は滞留をはじめてしまいます。

排出側が詰まれば、吸収側も詰まります。ストローの先を細くして反対側から水を入れても、水は排出しきれないので直ぐに溢れてしまします。
また、緊張状態が続く事により血管そのものの伸縮というポンプ機能も低下してしまいます。

すると、カラダの血行循環は難航状態になるということです。

疲れを感じているのは十分な栄養や酸素がカラダに行き渡らなくなるから。

また、その状態が長時間続きますと血管が固くなって傷つきやすくなったり、血栓を生じやすくなったりします。
もちろん、血液自体の流れも悪い為、必要な所に必要な分の血液が届かなくなると、様々なカラダの機能が作動不良になるので病気のリスクは高まります。


Translation(Google)

PAGE TOP